WORKS

Tsu-na-gu-ie世代を超えて受け継がれる、古材の生きる住まいのかたち

【所在地】大田区
【設計】外部設計事務所
【構造】木造軸組構法

昭和初期を生きた曾祖父母の時代から家族を見守り、包んできた築80年の住宅を再生するという試みから生まれた住まい。
時の経過とともに、建物の老朽化は進んでしまっても、使い込まれた“本物の素材”には住まう家族の歴史や想い出が刻まれ、特別な価値が吹き込まれていくもの。新しい家には、昔の家をしのぶ梁や扉など、大切な面影を残したまま、良質の自然素材を取り入れることにこだわりました。
想いを受け継ぎ、再び家族の時を刻みだします。

古い家から譲り受けた梁が支える空間は、木の温もりと優しい光に包まれます。
京の町家からひらめきを得た大工の技が、空間に心地よいリズムを演出。
玄関から広がるシーンは、懐かしい家へのオマージュ。素材の個性と深い味わいが響きあいます。
ガラス、ドアノブは慣れ親しんだ手触りで、想い出とともに次の世代へ。
最良の技術と天然素材で、住まうほどに輝きを増す価値ある住宅です。