WORKS

間口2.7m、奥行き25m。「隙間のような極端に細長い土地に、住み心地のいい家を建てられるだろうか?」。不可能性への挑戦から、プロジェクトは始りました。

Su Ki Ma House2.7m×25mの敷地にチャレンジ!究極の狭小住宅。

【所在地】世田谷区
【設計】studio a&u
【構造】木造枠組壁構法(2×4)

間口2.7m、奥行き25m。「隙間のような極端に細長い土地に、住み心地のいい家を建てられるだろうか?」。不可能性への挑戦から、プロジェクトは始りました。