WORKS

        いぶし銀素焼きレンガタイルがアクセント

素材と色と光のいえ松原の賃貸併用住宅

【所在地】世田谷区
【設計】シンクウカン一級建築事務所
【構造】枠組壁工法(2×4)

南北に長い敷地、角地という立地を活かして、第一種低層住居地域でありながら、十分なボリュームと高さを確保することが出来ました。将来は二世帯住宅にも出来るようにプランニングしています。外観は素材感のあるいぶし銀素焼きレンガタイルをアクセントにしてひきしめ、内観は素材と色の組み合わせにより、シャープで温かみのある空間としました。居室は各部屋ごとに特色を持たせ、LDKとルーフバルコニーは開放的でありながらプライベート感のある空間としています。

        いぶし銀素焼きレンガタイルがアクセント