WORKS

スパッツィオ共同住宅Spazio europeo

【所在地】世田谷区
【設計】長村英紀建築計画室
【構造】木造2×4工法(地上3階)
【規模】■敷地面積:215.77㎡■建築面積:106.54㎡
    ■延べ面積:279.34㎡

共同住宅と戸建て住宅が混在する住宅地の中にぽっかりと取り残された路地状の空地を再生する計画です。道路から連続させた通路(路地)に面して9戸の玄関を配しています。1階はフラット4戸、2-3階はメゾネット5戸からなっています。細長い敷地に3階建9戸の住戸を入れているので、必然的に路地幅に対して高さのある外観となってしまうため、いくつかに分節して威圧感を緩和することを試みています。路地に面して開けられた窓には木製サッシがはめ込まれ、どこかヨーロッパの古い町並みの雰囲気が感じられることを意図しています。この路地を介して住戸間のコミュニティーが生まれ、また近隣の住人とのつながりが生まれることを期待します。